カーフィルムやプロテクションフィルムの効果について

ーフィルムは、プライバシーを守る目的などでよく活用されています。多くの方々にとって馴染み深い効果は、やはり見えなくしてくれる効果なのです。
そもそも車に乗っている方々としては、あまり外から見られたくないと思っている事もあるのです。何か複雑な事情があって、プライバシーを守りたい方々などは本当に多いです。そういう時は、黒い色のカーフィルムを車の窓ガラスに設置しておくのは、大いに有効なのです。それを貼り付けておけば、確かに外からは見えなくなるでしょう。

しかしプライバシーだけが、カーフィルムの施工や効果ではありません。それには守ってくれるメリットもあるのです。
そもそもカーフィルムと言っても、非常に様々な種類があります。上記でも触れたプライバシーを守るタイプは、いわゆるスモークというタイプに該当するのです。可視光線を防いでくれる効果もかなり高めですから、よく多くの運転手が検討しています。
しかし、何もスモークフィルムだけではありません。中には、車を守ってくれる効果が非常に強いタイプもあるのです。
そもそもカーフィルムには、様々な名称の違いがあります。スモークというタイプもその1つですが、その他にもプロテクションと呼ばれるタイプがあるのです。
プロテクションフィルムとカーフィルムは、たまに別の物だと捉えられている事もあります。しかし実際には、プロテクションはカーフィルムの種類の1つなのです。カーフィルムという大分類があって、小分類の1つがプロテクションというイメージになります。
それでプロテクションは、確かに大きなメリットがあるのです。そもそも車の運転手としては、客観的な見栄えが気になる事もあるでしょう。いかにも使い込んだ車というよりは、新車独特の雰囲気を演出したいと思う事もよくあります。
プロテクションというタイプは、その雰囲気をキープできるメリットがあるのです。そもそも車に対しては、様々な脅威がある事だけは間違いありません。時には飛び石などが、車の本体部分に衝突する事もあるでしょう。もちろんそれは、傷の一因になってしまう訳です。
その他にも、雨水などの脅威も軽視できない一面はあります。雨水は、車に対してウォータースポットと呼ばれる模様を作ってしまうのです。それは自動車の見た目を悪くしてしまうだけでなく、最終的には大きな傷にまでエスカレートしてしまう場合があります。もちろんそれは、車の見た目を大きく悪化してしまうことは間違いありません。
ところがプロテクションというカーフィルムは、車を保護してくれる性能が非常に強いです。もちろんカーフィルムを設置していても、飛び石が来る事は大いにあり得るでしょう。
しかしカーフィルムには、衝撃を吸収してくれる性能があります。石が衝突する程度の衝撃ならば、十分に防いでくれる訳です。
また雨水なども同様です。カーフィルムは、水などは簡単に通すものではありません。少なくとも雨水の脅威から車を守ってくれる性能があるのは確かです。もちろん車に対するダメージの元を防いでくれる訳ですから、それだけ見た目も新しいままキープできるでしょう。
つまりカーフィルムというのは、プライバシーを守ってくれるだけでなく、車に対する保護をしてくれる性能もある訳です。ですから車に対してカーフィルムを設置しておく事は、大いに意味があるでしょう。
確かにそれを設置する場合は、多少まとまった費用を捻出する事にはなります。専門業者にカーフィルムの施工を行ってもらう時には、数万円ほどは払う事になるからです。
それでも、車を保護できる訳です。新車独特の雰囲気を維持したいと思うなら、多少の出費はあってもカーフィルムは設置しておくべきでしょう。

■カーフィルムの透過率に関して
カーフィルムの性能を表現する数字の一つに、可視光線のパーセンテージがあります。いわゆる透過率と表現される事が多いですが、その数字が小さいかどうかは、カーフィルムを選ぶ基準の1つになるでしょう。
カーフィルムは、基本的に数字が小さいほど光をブロックする性能も高めになってきます。例えば透過率が4%と7%というカーフィルムがあるとします。それでよく誤解されるのですが、後者の7%の方が性能が優れていると思われる事も多いのです。しかし実際は、全く逆になります。
この数字は、あくまでもカーフィルムによって遮られた後に残る光のボリュームを指します。したがって数字が小さいほど、少ない光が残っている状態になる訳です。
例えば自動車の周辺に、全部で100の光があるとします。もちろんそれらが車の窓ガラスから降り注いでくる訳ですが、透過率が7のカーフィルムの場合は、残り7になる訳です。つまり93の光は、カーフィルムによってブロックされた事になります。
このため透過率が4のカーフィルムの場合は、残り4という事になります。当然ですが、光の残量が少ない方が多くブロックされた事になる訳です。ですから上記の場合は、4の方が遮熱性が優れている事になります。
何も遮熱性だけではありません。見た目に関する問題も同様です。
一般的にその数字は、カーフィルムの暗さも表現しているのです。したがって7よりは4のカーフィルムの方が、やや暗めなタイプという事になります。
ところで数あるカーフィルムの中には、やや特殊なタイプもあるのです。可視光線に関する透過率が、ゼロというフィルムも存在するのです。
ゼロである以上は、少なくとも全ての光がブロックされる事になります。実際そのタイプのカーフィルムは、光を遮ってくれる力は非常に強いです。
ある意味その状態は、車のガラス部分に対して黒い紙を敷き詰めたような状態になります。当然真っ黒なのですから、外側からは車の中を全く見ることができません。外側だけでなく、車の中から外を見るのも実質的には不可能になるのです。
透過率がゼロのカーフィルムは、まさにプライバシー保護に関するメリットがある事だけは確実です。他のどのタイプのカーフィルムと比べても、プライバシーに関する性能が優れている事だけは、ほぼ間違いないでしょう。
ただ言うまでもありませんが、もちろん透過率がゼロのカーフィルムは、フロントガラスに設置する事はできません。そのような事をしたら、運転手としては全く前が見えなくなってしまうでしょう。危険極まりないです。
ですからそれを設置するなら、車のサイドもしくは後ろ側の部分には限定される事になります。ですから外から余り見られたくない方々としては、後部座席に着席する事にはなるでしょう。
ただし透過率がゼロのカーフィルムの場合は、かなり上級者向けである事だけは間違いありません。少なくともそれを後ろ側のガラスに貼り付けた時には、バックミラーなども確認するのが難しくなるでしょう。運転に関するリスクが、やや高まる事だけは事実です。
また透過率がゼロとなると、法的な様々な問題が生じてくる可能性もあります。それで面倒な事態に発展してしまうのも、運転手としては大変困るでしょう。ですから実際には、透過率がゼロのカーフィルムというよりは、1ぐらいの製品にしておく方が無難です。
ちなみに1ぐらいのカーフィルムとなると、取り扱っている業者もやや限定される傾向はあります。見つけるまでのハードルは、少々高くなるでしょう。
しかしそれでも、プライバシー保護に関する効果がかなり高い事だけは間違いありません。ですから必要に応じて検討してみると良いですが、上記の法的な問題もありますから、基本的には透過率の確認を慎重かつ丁寧に行ってくれる業者に任せる方が無難です。

PR|グレートウォール相互リンク集|白鳥自動相互リンク集|セブンスウェル相互リンク集|パイルバンカー即時登録リンク集|オラトリオ自動登録リンク集|ハシエンダ自動相互リンク|トラパー自動相互リンク Seo-P-link Ver3.5|RANKERS|METRO LINK|Page Rank KING|人気サイト|ウルトラ相互リンク|インターネットFAX|海外バイナリーオプション|エステサロン|FX 為替|看護師求人|育毛剤|全身脱毛EARTH